医療・救急救命の現場で活躍。静脈穿刺に特化したシミュレータシリーズ。

注トレくん®Ⅲ

CV カテーテル挿入の一連の手技習得のために
CV・PICC・A ラインのエコーガイド下穿刺の練習ができる

開発 日立総合病院 救急救命センター センター長 中村謙介先生
監修 神戸大学医学部附属病院 救急救命センター
   神戸大学大学院医学研究科外科系講座 災害・救急医学分野 先進救命救急医学部門 特命教授 井上茂亮先生
   日立総合病院 救急救命センター 神田直樹先生

この製品は、CV・PICC・A ライン穿刺カテーテル手技を必要とする医師・看護師とその学生のための技術習得を目的とした練習ツールです。また、医行為を保証するものではありません。充分ご理解の上、ご使用ください。
※必ず、資格を有する指導者の指導の下で、練習をおこなってください。

簡単な準備で、エコーガイド下穿刺の練習が可能に

  • 穿刺キット本体に内蔵する模擬血管チューブに水を注ぐだけで、エコーに対応します。模擬静脈(チューブレス)、動脈(チューブ入り)は、実際の血管のようにエコーでの圧迫の際に、違いが見て取れるようにしています。

    写真中のエコーは、富士フイルム メディカル(株)製(超音波画像診断装置)「SonoSite」の実際のエコー画像。※出力の弱いエコーでは、画像が見えにくいことがあります。

救急救命の最先端の先生方と共同開発し、練習に必要なリアルさを追求しています

  • 内頸静脈CVカテーテル挿入
  • 大腿静脈CVカテーテル挿入
  • 上腕PICCカテーテル挿入
  • Aライン穿刺

~ 指導される先生の熱い想いをカタチにしました ~

  • 頸部のイラストを活用した

    内頸静脈CVカテーテルの練習に

    イラストを活用することで実際の手技だけでなく、施術時の立ち位置や機器の配置もイメージしやすく、より実践に近い形での練習が可能です。

    写真中のエコーは、富士フイルム メディカル(株)製(超音波画像診断装置)「SonoSite」

    • 井上先生より

      エコー画像や穿刺したときの感触は「本当の患者さん」のようです。このキットで練習することで内頸静脈からの中心静脈カテーテル挿入術が確実に身につきます。

  • ソ径部のイラストを活用した

    大腿静脈CVカテーテルの練習に

    イラストシートを活用することで、穿刺ポイントの見極めや動脈、静脈の解剖をイメージしやすくしています。

     

    • 井上先生より

      大腿静脈CVカテーテル 挿入は大事な基本手技のひとつです。このキットでは実際の手技を容易にイメージしながらのトレーニングが可能です。

  • 上腕部のイラストを活用した

    PICCカテーテルの練習に

    上腕内側の湾曲した部位へのエコー下穿刺用に、1㎝、1. 5㎝深の2種の血管を用意しています。

    • 中村先生より

      一連の動作はCVと似ていますが、PICCは非常に的が細く、時に正確なエコーガイド下穿刺が必要になります。この修練はCV穿刺の能力向上にもつながります。

  • Aライン穿刺の練習に

    独自開発の素材を活用することで、触診時のリアルな弾力を再現しています。

    • 中村先生より

      橈骨動脈や足背動脈は皮膚の非常に浅い部分にあり、貫通法を含めた熟練が必要ですが、本キットでトレーニング可能です。

※人体の血管のエコー画像とは異なります。ゲインは高く設定してください。エコーの機種によっては模擬血管が写りにくい場合があります。

効率的な練習のために細部までこだわりました

  • 【イメージしやすいイラストシート】

    付属のイラストシートは、穿刺キット本体を乗せることで左右の内頸静脈CV穿刺、左右の大腿静脈CV穿刺の場面が想定でき、実際の施術時の人体の向きや術者の立ち位置などを確認しながら、練習することができます。

    付属イラストシートを見る

  • 【実際の医療器具を使用できる】

    実際の器具を使って練習できるので、より実践に近い形で超音波ガイド下中心静脈穿刺の練習が可能です。
    ※CVカテーテルなどの器具は一切付属していません。

  • 【段階別で選べる2タイプ】

    <透明版>
    指導がしやすく、初心者が習得しやすい
    <ベージュ版>
    習得者のステップアップに

  • 【専用ケースへコンパクトに収納】

    総重量500gと軽量で、携帯性に優れています。全備品を専用ケースに収納でき、準備や片付けも短時間でおこなえます。
    使用後、穿刺キット本体は専用シートに貼り付けて保管するだけなので、取り扱いもとっても手軽です。

製品内容

特許 第5870349 号 意匠登録 第1652966 号 第1652967 号

販 売 価 格

(送料込、消費税別)
30,000

<製品内容>① 穿刺キット本体「注トレくんDR.」 内蔵内容:模擬血管2本、針突抜防止内蔵プレート ② L字パイプ… 4本 ③ シリコン栓…赤(動脈手前側)1、青(静脈手前側)1、白(中枢側)2個 ④ イラストシート(B4サイズ)…ソ径部(左・右)、頸部(左・右)、上腕(右)各1枚 ⑤ PICC用推奨パイプ予備 ⑥滑り止めシート… 1枚 ⑦ 収納プレート ⑧ 保管収納ケース ⑨取扱説明書

<サイズ>穿刺キット本体╱(最大)縦100× 横94× 厚み30 ㎜ 携帯ケース╱縦265× 横205× 厚み40 ㎜ <総重量>約500g <材質> 穿刺キット本体╱ポリウレタン・シリコンチューブ・ポリエチレンプレート

★本体素材はベージュ版・透明版から選択。

※手袋、注射針、CVカテーテルなどの器具は商品に含まれません。また、(株)ナースあいでは注射器、注射針のお取り扱いはできませんので、あらかじめご了承ください。

*この商品は、CV・PICC・A ライン穿刺カテーテル挿入技能を認められた医師・看護師とその学生のための技術習得を目的とした練習ツールです。また、医行為を保証するものではありません。充分ご理解のうえご使用ください*穿刺キット本体は、模型であり血管は簡略化し実際の人体の配置や模擬血管・皮膚の硬さは現状と異なります。また付属のイラストシートは、人体の動・静脈やその周辺の神経・骨をイメージしています。いずれも現状と異なることはご了承下さい。*製品の素材の性質上、穿刺練習により本体製品に針の刺し跡が残ります。本製品は頻回な練習用教材を目的として開発した消耗品のため穿刺練習の方法によっては使用回数、耐久性に差が生じます。そのことをあらかじめご理解の上、ご活用ください。◎注射器、エコー等医療器具、機器は商品に含まれません。*必ず、資格を有する指導者の指導の下で練習を行なってください。*注射針を使用した練習は、注射針の使用の許可が必要です。各所属の教育担者様、施設管理者様への確認の上、ご使用ください。*写真は開発中のもので、仕様やデザインは予告なく変更する場合があります。

開発・監修者から皆さまへ

  • ■ 開発/日立総合病院/
      中村 謙介先生からのコメント

    私の若かりし頃、中心静脈カテーテル挿入の練習の際に、このようなキットが無く常々ほしいなと思っていました。また後輩に指導する現在も、各自がスキルを習得するまで何度も練習できる簡便なキットはありませんでした。そこで、長年ほしいとイメージしていたものを具現化していただきました。

    自分の修練はもう20 年前で、その間にエコーガイド下穿刺が基本となりPICCカテーテルも普及しました。それらに対応する形で2 年半の改良の末「注トレくんDR.」を完成することができました。 「コンパクトで手間がかからずセルジンガー穿刺を再現できるキット」で、複数個用意することで複数人が同時に穿刺の練習ができるようになります。指導がしやすく初心者の習得が早いことを実感しています。
    医師の皆さまが安心して医療が提供できますよう、ご使用いただけると幸いです。

  • ■ 監修/神戸大学医学部附属病院/
      井上 茂亮先生からのコメント

    エコーガイド下中心静脈カテーテル挿入術は、研修医はもちろん多くの臨床家の基本手技のひとつです。
    しかし今までの模擬人形は大型かつ高額で、一部の大病院やトレーニングセンターでしか練習環境がないのが大きな課題でした。
    そのような中、この「注トレくんDR.」は手軽で安価で誰でもどこでもリアルに楽しくトレーニングできるすぐれものです。当院をはじめいくつかの病院でこのキットを使って研修医にCV 挿入術を指導していますが、研修医の評判は上々です。ぜひお試しください。

    左:開発 日立総合病院 救急救命センター センター長
         中村謙介先生
    右:監修 神戸大学医学部附属病院 救急救命センター
         神戸大学大学院医学研究科外科系講座 災害・
         救急医学分野
         先進救命救急医学部門 特命教授 井上茂亮先生
    中:(株)ナースあい 代表 多田真寿美

■ 製造/株式会社ナースあい/多田真寿美

開発の契機は末梢静脈注射練習シートの「注トレくん」試用版を初めて展示した医療系展示会でした。通りかかった中村謙介先生から「大きな血管2本だけでいいからCV キットとしてつくれないか。」とお声かけいただきました。私は内科病棟勤務時に何度もCV 穿刺の介助をしていた経験から、リスクの高さや必要性は直ぐに理解できました。
開発には約3年を要しました。何度も救命救急センターや学会に伺い、水浸しになりながらも検証を重ねました。慌ただしい緊張感のある医療現場で僅かな時間とスペースの中、研修医の先生方にハイリスクな手技を指導されている厳しい現状を目の当たりにしました。
「注トレくんDR.」には、指導医として人体としてのリアルさと簡便さ、エコーガイド下穿刺へのこだわりや、丁寧に教えたいという熱い思いが込められています。同じ教育への熱い思いをもたれる井上成亮先生、上腕PICC には神田直樹先生に監修をいただきブラッシュアップできました。
「注トレくんDR.」を用いた研修では、学ばれる先生方は真剣かつ和気藹々とした雰囲気で楽しく手技の習得をされます。「有意義な研修であった」と大変好評を頂いております。
「先生方が患者様に安心して安全な医療技術の提供ができる!」ことにお役立ていただければ幸いです。

  • 試用者の声
  • 製品についてのお問い合わせ
  • 見積依頼はこちらから
  • ご注文はこちらから