医療・救急救命の現場で活躍。静脈穿刺に特化したシミュレータシリーズ。

注トレくん®Ⅲ

リアルな感触!! 採血・静注・点滴もできる!
血管3 タイプ「末梢静脈注射」練習シート

こんな方にお勧めしています

  • 医師の皆さま
  • 看護師の皆さま
  • 臨床検査技師の皆さま
  • 救急救命士の皆さま

目的やご使用者に合わせて製品のお勧めポイントをご紹介しています。ご覧になりたいカテゴリーをクリックしてください。

「末梢静脈注射」は、神経損傷などの危険と隣り合わせの医療行為ですが、
多くの方が習得に困難を感じる手技のひとつともいわれます。
また、目の前の患者様が苦痛を伴う行為のため、医療者等への心理的負担は大きいです。
そのためにも現場に即した頻回な練習は欠かせません。一人で悩んでいるというお声も多く聞かれました。
静脈注射に大切なことは、適切な刺入角度とその後の適切な針の挿入です。
実際に自分の刺した針が、どのように身体に入り血管内に位置しているかを確認できることは、
正しい手技を獲得するのに大変効果的で、成功体験を重ねることに繋がります。

製品の特徴について

  • 採血・静注・点滴の練習ができる
  • 一人でも、二人でも練習できる
  • 準備、片付けが簡単!

「注トレくんⅢ」は、末梢静脈注射への苦手意識がなくなり、本来の医療の目的に注力できるように、
静脈内注射の頻回な練習を可能にするシミュレータとして開発しました。
本体は人体の質感に近い硬さの素材や難しい太さの模擬血管を採用しています。
透明版では、静脈内留置針や直針などの挿入の状態が一目瞭然です。
また、神経の走行を理解し神経損傷のリスクをイメージするための資料も充実しています。
現場でのリスク低減と、何よりも医療者の皆様の自信獲得のために是非お役立てください。

採血・静注・点滴の練習ができる

二人ならさらにリアルな練習もできる

模擬血液・点滴受水バッグを使って実践に即した練習が可能です

  • 模擬血液バッグで

    逆血確認、採血(注射器・真空)の練習

    模擬血液を充填した模擬血液・点滴受水バッグを接続して、実際の採血と同様の練習が可能です。ベージュ版の本体を使用すれば触診で血管を探しながら、透明版なら針先を見ながら練習ができます。

  • 模擬点滴受水バッグで

    点滴・静脈注射の練習

    直針や翼状針の穿刺だけでなく、実際に点滴液(練習には水などを活用)を使った点滴や静脈注射の練習ができます。そのため直針や翼状針の人体(注トレくん本体)への固定や抜去までを含めたリアルな練習も可能です。

  • リアルなバックフローを体験しながら

    留置針の練習

    模擬血液バッグを利用してリアルなバックフローを再現できます。刺す感覚だけではなく、血液のバックフローを体験することで、より実践に近いイメージを持って留置針の穿刺や挿入、固定の練習ができます。

一人でもしっかりと練習できる!

手技を丁寧に確認しながら、何度も練習できます

  • 模擬血液バッグで

    逆血確認、採血(注射器・真空)の練習

    模擬血液・点滴受水バッグを接続せず、机などに本体のみを貼り付けて1人で手技の練習をすることが可能です。血管に上手く入れば空気が引けます。

  • 一人でもリアルな練習ができる

    模擬血液を使って練習可能

    一人でも、本体シートを机に貼って模擬血液・点滴受水バッグに接続することで、実践に近い練習ができます。別売りのインクを活用すれば見た目もリアルです。

  • 自分のクセも確認できる

    刺入角度もチェックできる

    専用台紙ウラ面の「刺入角度チェックコーナー」を参照して正しい刺入角度を練習することができます。付属品について詳しく見る

製品内容

特許第5870349 号

販 売 価 格

(送料込、消費税別)
25,000

<製品内容>①末梢静脈注射練習シート「注トレくんⅢ」(本体) 内蔵内容:模擬血管3本・接続部品3個(キャップ付)、針突抜防止内蔵プレート  ②針突抜防止板(白)… 1枚 ③腕巻き補助バンド ベージュ(ゴム製)… 1本 ④腕巻き補助バンド 白(マジックテープ)… 1本 ⑤「左肘窩図解」台紙… 1枚 ⑥模擬血液・点滴受水バッグ(キャップ付)…一式 ⑦吸水シート… 1枚 ⑧専用収納ケース…1袋 ⑨取扱説明書 ⑩参考資料

<サイズ>本体シート╱(最大)縦125× 横70× 厚み10 ㎜、携帯ケース╱縦 160× 横210× 厚み15 ㎜ <総重量>約500g
<材質>本体╱ポリウレタン・シリコンチューブ・ポリエチレンプレート

★本体素材はベージュ版・透明版から選択。
※模擬血液用染料(100ml)は別売です。

※手袋、注射針、注射器、駆血帯は商品に含まれません。また、(株)ナースあいでは注射器、注射針のお取り扱いはできませんので、あらかじめご了承ください。

*この商品は、末梢静脈注射の認められた医療者・救急救命士とその学生のための技術習得を目的とした練習ツールです。また、医行為を保証するものではありません。十分ご理解の上ご使用ください。*本体シートは模型であり血管は簡略化しています。実際の人体と模擬血管の配置や、模擬血管・皮膚の硬さや状態等は異なりますのでご了承ください。*製品の性質上、穿刺練習により本体製品に針の刺し跡が残ります。本製品は頻回な練習用教材を目的として開発した消耗品のため、穿刺練習の方法によっては使用回数、耐久性に差が生じます。そのことをあらかじめご理解の上、ご活用ください。*「左肘窩図解」台紙は、人体の左の肘窩の静脈やその周辺の神経・動脈をイメージしており、実際とは異なります。*注射針を使用した練習は、注射針の使用の許可が必要です。各所属の教育担当者様、施設管理者様への確認の下、ご使用ください。*手袋、注射針、注射器、駆血帯は商品に含まれません。

使用上のご注意

  • 正しくご使用いただくために、必ずお守りください。

    <製品について>

    • ①実際の人体の静脈をイメージして製造していますが、実際の人体と模擬血管の硬さや状態等は異なりますのでご了承ください。
    • ②本体シートの素材の硬さは、素材の性質上多少の差が生じる可能性があります。ご了承ください。
    • ③本体シートの裏面は、高い粘着性をもっております。塗装のはがれやすい台への貼付後、剥がす際に塗装が剥がれる恐れがあります。塗装の剥がれやすい台での使用はお止めください。紙等が付着すると剥がれない恐れがあります。
    • ④使用後に、貼付した台から本体シートを剥がすときには、針突抜防止内蔵プレートに手を添えて剥がしてください。端だけをつまみあげると、突抜防止内蔵プレートが本体から剥がれる可能性がありますので、手を添えて、丁寧に剥がしてください。
    • ⑤製品の素材の性質上、穿刺練習により本体製品に針の刺し跡が残ります。本製品は頻回な練習用教材を目的として開発した消耗品のため、穿刺練習の方法によっては使用回数、耐久性に差が生じます。そのことをあらかじめご理解の上、ご活用ください。

    <素材について>

    本体シートはポリウレタンでできています。ポリウレタンの性質上紫外線により、変色する可能性があります。使用しない時は専用ケースに保管して紫外線に当たらないようにしてください。また万一、変色しても用途には支障がありませんので、そのままご使用いただけます。変形の原因にもなりますので、長時間水に浸さないでください。

    <使い方について>

    • 必ず、資格を有する指導者の指導の下で、練習をおこなってください。
    • ②注射針を使用した練習は、注射針の使用の許可が必要です。各所属の教育担当者様、施設管理者様への確認の下、ご使用ください。
    • ③針突抜防止内蔵プレートは、本体シートの構造上模擬血管の下のみに配置されています。本体シートの外縁、バンド固定部分の上下の端にはありませんので、静脈注射の練習は、必ず模擬血管の真上からおこなってください。針突抜内蔵防止プレートをはずれた部分での針刺しは絶対にお止めください。また、安全、事故防止のため、必ず針突抜防止板(白)を併用してください。
  • <模擬血液について>

    • ①着色しての実施の場合は、別売りの模擬血液( 原液) をご使用いただくことをお勧めいたします。お手元のインクなどでは目詰まりを起こす恐れがあります。
    • ②別売りの模擬血液は、衣類などに付着すると取れません。付着した場合速やかに水で洗い流してください。また、机についた場合、アルコール綿で拭くと取れる場合があります。
    • ③一度穿刺した模擬血管に模擬血液・点滴受水バッグを接続した状態で押したり、持ち上げたりして血管に圧をかけると、穿刺した穴から液漏れします。穿刺部から液もれするので、本体シートに接続中、絶対にバッグを吊ったり、押したり、持ち上げたりしないでください。

    <模擬血管について>

    本体シートに内蔵している模擬血管はシートの中に埋没させています。ねじ等で固定しておりません。模擬血管・点滴受水バッグの着脱時など、模擬血管を引っ張らないでください。抜ける恐れがあります。

  • 試用者の声
  • 製品についてのお問い合わせ
  • 見積依頼はこちらから
  • ご注文はこちらから